3D技術

スロット

映画館に行くと、2Dか3Dかを選ばなければならないようになった。
これまで通りの平面のスクリーンで描かれる映画か、奥行きがあり、飛び出すような映像になるよう細工を施された3次元的な映画かを選べるようになっているのである。

この3D技術は、オンラインカジノというパソコン画面を利用した映像的なカジノゲームにも見られる。
人気のゲームであるスロットも、ぐんぐん飛び出してギャンブルの楽しみを盛り上げている。

ビデオゲーム

チップ

英語で「ビデオゲーム」といえば、いわゆる日本で言う「テレビゲーム」のことである。
要は、映像で楽しむゲームということである。
オンラインカジノは、パソコン画面上でスロットマシンを再現したものだが、実際のカジノにある「ビデオゲームとしてのスロットマシン」を再現したものもある。
それが、通称ビデオスロットと呼ばれるゲームである。

本場のカジノに置いてあるビデオスロットは、モニター画面にリールが5つ並び、絵柄が揃うかどうかを賭けるギャンブルである。
その絵柄には、「ビデオゲーム」らしく、映像を活用したものが多い。例えば、オンラインカジノで人気なのはハリウッド映画とタイアップしたゲームである。
映画のキャラクターたちが絵柄に現れ、キャラクターの顔が揃うと勝ちになったりする。ヒーロー映画であれば、ヒーローと悪役が揃ってどうのこうのという展開も楽しめる。

3つのリール

紙幣

テープやフィルムの芯となり、回して巻きつけたり引き出したりする物をリールという。
ドーナツ型の部品である。これを3つ並べ、リールの表面に絵柄を描くと、スロットマシンは完成する。
レバーを引くとリールが回転し、端から順に止まる。絵柄が横や斜めで揃えば勝ちである。

オンラインカジノの中でも代表的なギャンブルゲームのひとつが、このスロットマシンである。
実際にラスベガスのカジノを訪れてみても、店の一角にズラリと並ぶスロットマシンを見ることが出来る。
ギャンブラーたちに、人気のゲームなのである。その魅力は、オンライン上であっても充分に再現されている。

海外のカジノ

千円札

カジノという文化は、海外のものである。ヨーロッパやアメリカ、アジア諸国には広がったが、極東の日本まではその手が届かなかった。
日本では、例えばラスベガスやマカオのような街は存在していないし、認可を与えられてもいない。
ギャンブルというゲームに対して消極的なのが、日本なのである。

そういうわけで、現在日本の愛好家たちがプレイしているオンラインカジノはすべて、海外製のものであることは忘れてはならないであろう。
海外の会社が作った(パソコン上に再現された)スロットマシンであり、トランプのカードなのである。

ところで、ここで多くの人のネックになるのが言葉の問題であろう。
英語圏から来るカジノが多いが、英語の読み書きは誰でも出来るわけではない。そこで、諦めてしまいそうになる人も多いのである。
やはり自分はカジノというものに縁がなかったのだ……と。
しかし、諦める必要はない。現在は、日本語のサポートが充実しているオンラインカジノも存在している。探せば、見つかる。
見つけて、プレイすることが可能なのである。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031